出逢いの提供だけでは、結婚に至らない              ⇒サポートが必要な時代

nlnlnlnklnl.png

平成25年 厚生労働白書から抜粋した
男女別「独身にとどまっている理由」で、

左が男性
右が女性を表しています。

やはりトップは「出逢いがない」という事。
他にも、ある程度 予想していた数値が並んではいるものの、
注目な数値が!

男女ともに、「異性とうまくつきあえない」

が年々数値をのばしていること!
これはまさしく、

出逢いの提供だけでは、結婚に至らない
⇒サポートが必要な時代

であるということを示しています。
婚活と一言でいっても、
「婚活アプリ」
「データマッチング」
「婚活パーティ」などさまざまありますが、

結婚相談所が改めて脚光を浴びているのは、
出逢いの提供もさることながら、充実した個別のサポート体制
が高く評価されての事だと痛感いたします。

異性とうまくつきあえない人は、
必ずしもダイレクトコミュニケーションが苦手だったり
対人感受性が低い人とは限りません。
忙しくて時間のない人も多く含まれています。

我々のサポートにご期待ください。
hohiho.png

私たちの社会的目的は、世の中の少子化にくさびを打つこと

ihiohioho.png


恐ろしいベストセラーが生まれつつあるそうです。
『未来の年表』という本です。
人口減少社会というのは、誰もが知っていることでしょう。
しかし、その具体的 な中身については、
正直知りたくないという気持ちかありました。

しかし、こんな現実が待っているとは!

uyfgyii.png

未婚者の胸の内 「結婚する気がないわけではない」

jpjpjpjpoj.png

上のグラフは『結婚する意思について』
国立社会保障・人口問題研究所が公開したものです。

表面的には、「結婚なんていいよ!」って
言っている方でも、
男性・女性ともに約9割弱の方が
本音としては「結婚したい」と考えています。

胸の内は、
「まだ大丈夫!」
「もうちょっと待てばきっといい人が現れる!」
といったところでしょうか。


また、下のグラフは、総務省が公開している
「未婚者が5年以内に結婚できる確率」をあらわした表です。

青色が男性  
赤色が女性

20代後半が5年以内に結婚できる確率が高く、
30代・40代になるにつれてその確率は低下していきます。

ただ、ここで見逃せないのは、20代後半でさえ
3割~4割の人しか5年以内に結婚できないということです。

・・・・ということは、

待っていても魅力的なお相手は現れない
ということになります!

ooihiohiohio.png
obobobo.png