人口減に伴う、結婚の重要性

huhubyvy.png
bucddu.png

人口減少は様々な産業が減少せざるを得なくなりますし、
税収も減ることから色々な行政サービスも低下していきますので、
人口減少は日本の大きな社会問題であることは間違いないです。

では、なぜ未婚率が増加しているのか?
上の表は、国勢調査による、
年齢・男女別未婚率の推移を示したグラフです。


1980年~1985年は、グラフが急速に右肩上がり
→バブル経済による絶頂期。

1989年
→バブル経済が崩壊し、この先不況生活がはじまりました。

未婚率が高まった一番の要因は
『景気・経済』の不安定さが起因していて、
生きていくために『多様化社会へと変遷』したことだ
というのが識者の分析です。

これにより、
女性の社会進出の増加や、非正社員化の加速による
収入の格差。
独身主義者の増加などが生まれ、

2005年~直近まで横ばい状態が続いています。

この先横ばいのままとなるのか、
右肩上がりしていくのかは社会情勢からみて
厳しい状況であることは間違いないです。

未婚率が高まれば少子化は加速をし、
人口減少社会へとつながります。
人口減少社会は想像する以上に厳しい現実が待っています。

hohoh.png